将来のためのAGA治療とはmain画像

最新のAGA薄毛治療について

AGAの治療方法といえば、プロペシアやミノキシジルといった薬を使う方法が一般的でした。

毛母細胞や毛乳頭に直接働きかけ、乱れがちが毛髪サイクルを正常化するという効果が期待できる事でも注目されていました。

効果を実感できるまでは多少時間もかかりますが、毛髪サイクルに合わせて治療をするのでその分高い効果が期待出来ます。

ここ数年でAGA治療も大幅に進歩しており、今では最新の治療方法も注目されています。

ハーグ療法といってAGA治療に、毛髪再生医療を取り入れた方法です。

AGA治療をわかりやすく解説

今まで主流だったプロペシアという薬を使った治療では、個人差があり中には効果が出ない人もいました。

確率としては全体の60%前後の発毛率だとされていましたが、それでも毛が生えてくるという効果を実感できるので注目されていました。

ところが再生医療を取り入れた最新のハーグ療法では、発毛率がなんと90%~99%と高い数字となっています。

プロペシアの治療では効果を実感するまでの期間が早くて6ヶ月~1年でしたが、ハーグ療法は3ヶ月~6ヶ月と効果が現れるのも早いというところもポイントです。

プロペシアやミノキシジルなど薬を使う場合には、副作用のリスクもありました。

しかしハーグ療法は副作用のリスクがないところもメリットと言えます。

最新の治療法ではより高い効果と実感までの時間が短縮された事、副作用もなく安心できますが、その代わり治療費がかなり高額になります。

しかしより高い効果が期待できるので、最新のAGA治療を希望する人も増えています。